Rock'a'Diner Mitsuo

日曜日の夜の夢

ダイナーmitsuoのこと

私mitsuoが個人的な趣味でやっている、仲間内でのお家スナック。
気合を入れた料理で、少し豪華な家飲みをしたいと思ったことから二年くらい前に始まりました。
月に一、二回の頻度で日曜日に開けていることが多いですが、開ける日はこのブログとツイッターフェイスブックで告知します。
その時々でゼミ単位、サークル単位、色んなコミュニティ毎にお客さんを呼んで開けています。


オープン時間は19時から24時ですが、人の入り方を見て朝まで開けていることが殆どです。
だけど夜遅くに騒ぐと近隣の迷惑になるので深夜は静かに楽しもう!
オープン中の飛び入り、退出は自由です。持ち込みも大歓迎!
業務用仕様になっていますが、ご要望があればキッチンもお貸しします(笑)

料理の内容は季節ごとに変わります。
そして季節メニューに加えてその日の材料次第でちょくちょく追加の献立があります。
基本的に中華料理系が多いですが、リクエストがあれば作れるものは作ります。

もちろん会費は材料代以外頂きません。人数にも拠りますが、だいたい毎回500円~1000円くらいです。
自分の持てる技術の全てを鍋と包丁に叩き込んで料理を作りますので、ダイナーを開けている日は是非皆さん遊びに来てください。

ダイナーとは言いつつイメージはスナックなので、ウイスキーやらワインやら日本酒やら、安酒ではありますが多数用意しております。
これはお金頂いてません。あっても飲まないものばっかりだから・・・(笑)

皆さんが遊びに来てくれるお陰でこんな趣味が続けていられるのだということに感謝しつつ、包丁を握り続けます。

北海道での営業は卒業まで続けます。

2016年度からは熊本市に移転して、レンタルキッチンでオープンに運営していきたいなぁ。


2018年2月1日 追記

屋号をRock'a'Diner Mitsuoと改め、福岡県久留米市熊本県熊本市のレンタルキッチンで不定期営業をやっています。1950年代のアメリカンダイナーをイメージした、ロックンロールと西洋風中華料理がテーマの居酒屋食堂です。

営業する時はブログとツイッターフェイスブックで告知しますので、是非遊びに来て下さい。音楽好きの方、中華料理が好きな方、お酒が好きな方、面白いことをしてみたい方、どんな人でもウェルカムです。

あっ、ロックンロール、ロカビリーが好きな方は、営業が終わって一緒に飲みに行きましょう(笑)

バレンタインデーの思い出

ある時、東京にギターを買い求めに行ったことがある。

楽家の端くれを走り続けて早10年が経ち、生意気にも実力そっちのけでビンテージのマーチンが欲しかった。ロックンロールにのめり込み、探していたのはエルヴィス・プレスリーと同じドレッドノート。地元の大きな楽器店を回っても、ここには無い。東京に行こう。

だけど本当はそんなことどうでも良くて、夜になって昔の仲間と酒を飲むのが楽しみで仕方がなかった。浮き足立つほど夜になるのが待ち遠しかった。

 

また失恋しちまったよォ。カウンターに腰掛けて、好きなハイボールを喉に流し込みながら面白おかしく笑ってみせる。その、まるでピエロのように板についてしまった情けない横顔を見て、連れ立ちの小町娘は苦笑する。色白でスッと通った鼻筋と切れ長な眼、クールに見えてそんな彼女は笑うと屈託無しに可愛らしく、艶やかな色気に吸い込まれそうになる。

もうすぐバレンタインね。あなたのことだから、どうせ今年もしらけてるんでしょう。
手渡された緑の小綺麗な箱は、雪降る街での楽しかった思い出の一片を呼び覚ますスイッチだった。パンドラの箱から溢れ出た思い出話やお互いの身の上話に花が咲く。あの時あの場所あんな事。周りの人間関係や、誰彼の嬉しい話、悲しい話。生き方のこと。

いつかは地元に帰るのかい…?

 

時が下りながらも、他愛のないやりとりが出来る友達こそが何よりの宝物だった。

あの狐っ娘、悔しいけど、全くもって良い女だ。

昔から変わらない。

f:id:c-d-mitsuo:20180206211933j:plain

バーどん底のこと

二十歳からの四年間を札幌で暮らしていた。大学に通い、好きな時に遊び、好きな時に働き、自由な時代を謳歌した。

仲間たちと華やいだ時代を大いにはしゃぎ、いつかは控えた卒業が近づくにつれ、賑やかだった声も静まってゆく。
古いカウンターで過ごした友達との鮮やかな思い出を、今になっては懐かしむだけ。旧く瀟洒に見えながら、しかし重厚にアールを描いたテーブルを囲む。

 

ドンカクをなみなみ注いで

コップをまえにおくと

ふしょうぶしょうにこの世界は動き出す

                                                   金子光晴

 

活気に溢れ、人にむせ返るような熱気の中、氷とピックを持った目の前のバーテンは明るく笑う。酎ハイにレモンをぐっと絞り、ふつふつと夢は泡に弾けてゆく。

いずれ時が下るにつれセピアに褪せていく、遠く離れた札幌の想い出を蘇らせてくれる。そんな古き良きカウンターが、東京新宿にあった。

 

f:id:c-d-mitsuo:20170521021336j:plain

広告を非表示にする